航空部 紹介



航空部の主な活動は、グライダーに乗って空を飛ぶことです。
鳥人間コンテストに出ているの?と間違われる場合もありますが、

これとはちがいます。


グライダーとは、紙飛行機のようなもので、エンジンを持ちません。
そのため、何らかの方法で離陸した後は、上昇気流をうまく捉えて、
その上昇気流に乗ってより長い時間、より高い高度、
より遠くまで飛ぼうとするスポーツです。


グライダーには何種類かあり、皆さんの頭にすぐ浮かぶのは、このような

パラグライダーや、あるいはこちらの

ハンググライダーではないでしょうか?

私たちの乗っているグライダーはこのようなものです。

エンジンのない飛行機、という表現が的確でしょうか?
操縦装置も普通の飛行機と同じように操縦桿と足のペダルで操縦します。

手足同時にバランスよく動かすのは難しいですが、
自転車と同じで、教官と同乗で訓練していくと、
自然に手足が動くようになります。


訓練は、福井空港や、木曽川滑空場(岐阜県の木曽川河川敷)、
大野滑空場(岐阜県の揖斐川河川敷)などで行いますので、
土日や長期の休みを利用して合宿形式で行っています。

普段は、毎週のミーティングや、
隔週くらいでグライダーの勉強会をしています。

その他、グライダーとは関係ないですが、
部室に漫画やゲームもいくらかありますので、
普段、時間の空いてる時は部室で休んだりレポートしたり、
また、予定が空いている時には部員同士で遊びに行ったりもしています。


一緒に、空を舞台に部活動を満喫しましょう!


Copyright © 2011-2014 Fukui Univ. Glider Club. All rights reserved.